クローン病?潰瘍性大腸炎?違いは何?

Pocket

どうも、ボーゲンです。

最近Twitterを始めてちょいちょい見てるんですが、発見が多いですね。勉強になります。

基本的にクローン病の人を片っ端からフォローしてみたりしてね。

探してる時とか特に気になってたことがありまして

最初「クローン病」で検索をかけるんですけど、しばらくすると

「IBD」「CD」「UC」

って出てくるんですよ。

まぁIBDは分かりますわ。

僕が行ってる病院もIBD科なんて名乗ってますから。

なんなん?CDって、UCって

コンパクトディスクちゃうやろ?

まぁみなさん僕より全然早く知ってた人ばかりなんでしょうけど

Crohn’s disease」と「Ulcerative colitis

だそうですね。

クローン病と潰瘍性大腸炎

そんな略称があることなんか知りませんでしたわ。

ちなみにIBDは

Inflammatory bowel disease

とのこと。炎症性腸疾患ですね。

聞いたことあるけど、正式な英語表記なんかゴリゴリに興味なかったですからね。

これを機に覚えました。

 

それはそうと

お前らどうちゃうねん

CDとUC。

IBDとひとくくりにしてるからには似てるんだろうけど

まぁGoogle大先生によると、クローン病は

小腸、大腸を中心とする消化管に炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。症状は、腹痛、下痢、下血、体重減少、発熱などです。20代に最も多く発症しますが、ほかの年代にもみられます。欧米に多く、日本では比較的少ない疾患ですが、最近患者数が増えています。潰瘍性大腸炎と似ている点も多く、2つをまとめて炎症性腸疾患と呼びます。

潰瘍性大腸炎は

大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらんや潰瘍を形成します。症状は粘血便(ねんけつべん)、下痢、腹痛などです。20〜30代の若年成人に多く発症しますが、50〜60代の人にもみられます。いったんよくなったように見えても、数カ月から数年後に悪化することがあります。
もともと欧米人に多く日本人には少ないと考えられていましたが、最近、日本でも急速に患者数が増えています。

似てるようで違う気もする。

まず症状が若干違いますよね

UCを調べて「粘血便」というワードを初めて聞きましたね。

あとは僕が大腸に炎症が多いって理由でわかりづらかったんですが

クローン病は「小腸と大腸を中心とする消化器」。要するに小腸と大腸が主だけど他の消化器にも炎症が出る可能性がある。って感じかな。

色々調べると消化器全般って表現していることもある。

対して潰瘍性大腸炎は、まぁ大腸炎って言うくらいだから、大腸の病気。

稀に小腸や十二指腸にも炎症がでるそうですが、やはり大腸が主。

 

タイトルで「違いは何?」とか言っといてそんな深堀するつもりはないんですが

大腸型クローン病が潰瘍性大腸炎と間違えて診断されることがあるそう

なんか治療法も似ているし、意外とそれでもいけるんちゃう?とか思ってしまいそうですが

そんなわけないねん

まぁ医療の進歩は凄いですから、まぁこんなことは少ないでしょうが

僕は今のお医者さんを信頼してますけど

あまりにも気になるなら検査をしてもいいかもですね。

患者が納得して治療することが一番ですから

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください