本田圭佑をそこそこリスペクトした男(俺)

Pocket

もくじ

時は2010年。

それまでサッカーファンを魅了した魔法のような左足は鳴りを潜めた。

それと同時に日本中を魅了したのは悪魔のような左足。

始めは偶然に思われた、アフリカの強豪相手のゴール。しかし彼の左足はヨーロッパの古豪を地獄へと突き落とした。

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと中村俊輔が不調になって本田圭佑が日本のエースになったよーって話なんですが。

未だに中村俊輔選手好きですけどね僕は、なんなら本田より…

 

ついにその本田圭佑選手も32歳となり、代表引退を表明しましたね。

本当にお疲れ様です。<(_ _)>

東京オリンピックをオーバーエイジ枠で目指すそうですが、どうなりますかねー。個人的には応援したい気持ちもあるが、こういう枠は谷間の世代(オリンピックの年は20歳で次のオリンピックで24歳になり、ちょうどいい具合にオリンピックに合わない世代)に使ってあげたい気もします。

まぁ実力があれば20歳でも関係ないですが、日本人の体質から言って20歳と23歳ではフィジカル面で不利になりがちですからねー。

話を本田選手に戻すと、ロシアW杯後の所属チームがメルボルン・ビクトリーに決まりましたね。

(↑本田圭佑選手のツイッターより)

 

パチューカにしろメルボルンにしろおそらくJリーグとの差はそこまで大きくないでしょう。それでも海外にこだわる姿勢は尊敬しますね。そもそも彼の若い時はオランダやロシアですよ。20代の若者が生活するにはかなり戸惑いますよ。未だに英語も流暢とは言えないが、あれでしっかり生活して記者会見してるんですから、マジですげーよ。

日本の歴代サッカー選手として、今後長い間一番尊敬されるべき人だと思いますね。(中田と迷うところ)

 

そんで僕が高校生の時ですかね?あのACミランの10番を背負うという凄いことですよ。

ルイ・コスタとかセードルフと比べんなマジで。あん時だって主役はシェフチェンコとカカだからな。バロンドールの脇だからな(言い過ぎ)

それと同時ぐらいですかね?フレグランスを出してバク売れしてましたね。僕も買いましたわ。

ただあんま香水自体を使わないもんで、いまだに残ってます。たまーーーに使ってます。結構時間たってるけど有効期限とか大丈夫かな?いい匂いするからええけど。

それからシャンプーとかボディーソープとか、そっち系は全部本田選手のやつで揃えてますね。

このフレグランスローションとかいうやつはマジで使えるからマジでおすすめする。これはガチの神商品。他はなんでもいいけどこれだけは神。5in1とか言ってる時点で神。これは発売し始めて直後くらいから使ってるが、他のギャッ〇ビーとかウ〇ノとかの1億倍神。

それと最近から使い始めたシャンプーがまたいい。

これは正直いつからあるか知らんけど、いつの間にかあったから使ってるが、ワックスがよくとれる。最近全然関係ないところからかなり強いワックスを買ったんだが、セット力はすごく気に入ってるがなんせ取れなかったが、これで解決した。なかなか優秀。

本田さん、ヘアワックスの発売たのんます。。。

 

男だとこういうのはどうでもいいから定番のメ〇ットとか、最悪お母さんの使ったりして異様なバラの臭いが髪からするなんてこともあるかもしれないが、本田圭佑が出してるってだけで買う気になりますよ、こんなもんはほんま。

 

この人はサッカーだけの男じゃないんですよね。こういう商品もいいが経営とか投資にもかなり力を入れている。正直殆どの人がこの人ほど金がないのが事実だが考え方とかは聞いてて面白い。別に参考にしようとかじゃなくて、なんか面白い。

 

マジでネタが無さ過ぎて本田様の力を借りました。

もしかしたらもう本田圭佑をFIFAで使えるのも少しかもしれないのでキャリアモードで使いたいと思います。

ローテーション要員だけど。。。

追記

更に本田圭佑選手、いやもはや「選手」だけでは収まらない、選手兼GM、そして事実上監督。

凄いことですよ多分。未だかつて世界中の誰もがやらなかった、そもそもこんな発想をする人自体いただろうか。

カンボジアでGMそして監督をやるそうで。まだライセンスの関係で本当の監督は別にいるようですが、まぁそれも時間の問題ですね。

少し前にマンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスが一時的に選手兼監督みたいにことをしていましたが、本田圭佑選手の場合、その場しのぎじゃなくガチですからね。

 

フィジカルコーチは長友選手?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください