5話:再び襲い掛かる悪夢「痔瘻」

Pocket

またか、お前は。貴様は。おんどれは。

一回治ってん。ケツの痛み0になってん。

それが何でまた。。。

 

前回までにヒュミラは痔瘻にも効くと何回か話したと思います。

でも一番肝心なところを言ってませんでしたわ。

ヒュミラで痔瘻が完治する確率は33%程度。

3分の1ですね。

前にも言いましたが、サザエさんにじゃんけん勝つ確率と同じや。

痔になる確率と同じや。

じゃあ治ってもええやんけ

※よく考えたら言ってること滅茶苦茶ですからね。

 

こんなに珍しいことなっとんねん俺は。

珍しいクローン病なって、珍しい痔瘻なっとんねん。

珍しく治れや。

 

ちょっと、こっから順を追って話しますね(急に)

前回、退院してヒュミラを続けてたら痔瘻が治ったところまで話したと思います。

そのあとアメリカに旅行まで行けるようになりました。

飛行機で10時間座ってても平気だったんです。

痔瘻が酷かったときは、学校の授業(90分)ですら無理でした。

それがこんなにも良くなったんだから、完治したと思ってたんです。

 

異変が起きたのは3か月後くらいだったと思います。

ちょっと腰かもうちょい下らへん痛いな

今思えばこれは痔瘻なんです。でも最初なった時と痛み方が全然違うんです。

まあ、痔瘻なった時から変な体勢になることが多かったから、体に変な体重のかけ方したかな?

そんな感じに思ってました。

姿勢なおそ

何をわけわからんこと言ってんねん俺ー。早く病院いけ。

 

するとどんどんお尻の奥の方が痛くなっていくんです。

そしてある日ある異常に気付いた。

右のケツだけでかくね?

これが痔瘻なんです。でも前回と全然違います。

前回のは、ボラギノールを買いに行くくらいですから、肛門付近の表面に変なのがあったんですよ。なんか膨れている感じの「なにか」が。

でも今回のは本当にケツの奥の方。最初と違い過ぎてこれが痔瘻とは思えなかった。

さらに、あまりこう思わない方が良かったんだけど。。。

また肛門科に行くのが嫌だった

なんかクローン病がツラいというよりも、痔瘻がツラいんですよね。

症状も、治療も。治療ってか手術じゃん。

肛門付近に麻酔を打つのも痛かったし。そもそも最初にお医者さんに診てもらうのも、やっぱ変な感じするし。

手術後数週間ケツいてーし。

そんな思いが脳裏から離れず絶対に行きたくなかったんですよ。

 

でも我慢の限界が来たんですよね。そして最初よくわからなかったあの痛みも、やはり痔瘻だと分かってしまうんですよね。

そして、この文章の長さを見てわかると思います。

痔瘻が再発してから、かなり時間が経ってから病院に行ってないコイツ?

そう。それが今世紀最大の過ち。

病院に行ってお医者さんに診てもらうと

これは手術ですね

そして説明を聞いて愕然とした。

下半身麻酔をしてどーのこーの。その日は入院。

ごめんなさい、正直その時ショック過ぎて全然話聞いてなかったんですけど。

下半身麻酔をしなければならない手術をしろと

そういうことです。

またエコー検査やりましたけど。あのケツに変な機械入れてギュインギュインやるやつ。

めっちゃ膿溜まってたらしい

あのケツの奥の方の痛みは、どんどん膿が溜まっていってたんでしょうね。

マジでもっと早くいけばよかったと後悔してます。

 

手術が終わると、変なパイプのようなものがケツに刺さったまま。

ここからまだ膿が出てくるらしい。

パンツには破水用のパットが付けられた。

前回の切開手術後なんてもんじゃない。

座ることすら、仰向けで寝る事すら出来ない。常に横向きで寝ていた。

最初のうちに痛みに向き合わなかったばっかりに、人生最悪の時間が始まった。

 

 

暗い内容だったんで、最後にアメリカ旅行、ディズニーランドでの楽しい思い出を

カーズランドらへん
観覧車

正直写真にほとんどこだわり持った事ないんで、かなりテキトーに撮りました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください