2話:痔瘻は膿抜きから。そしてクローン病ってなんなの?

Pocket

「あなたは恐らくクローン病です。」

 

実はそう言われる前からそんな気がしてた。

なぜなら、

痔瘻ってググるとクローン病ってちょいちょい出てくるんだもん

ケツから膿が出てる時に、ビビりにビビってビビり倒してググりまくった。

すると結構「クローン病」って出てくるのだ

なんでこの歳(19歳)で痔瘻とかなんねん。。。クローン病?なんやそれ。あ、これか?俺。。。

ってな感じで、結構出てくる。

 

そんで、実際医者にも恐らくクローン病だと言われた。

 

じゃあ、しゃーないな

ってなるか、おいコラ雑魚

なるかー。クローン病って何?ググって結構出てきたはいいものの、怖くてそんな深く調べんかったわ。

そんなことよりケツ痛いねん。ほんですぐに切開しなきゃいけないんだよ。

切開って。メスの出番あるやつだろ?嫌だってー。

麻酔するから痛くない?何処に麻酔打つと思っとんねん。

ア〇ル付近に針。そんで麻酔注入

絶対痛いから

まぁ手術前にいろんなブログ見ましたけどねー。みんな痛いって言ってますわ。

 

そんで当日。ドキドキっていうかバックンバックンしながら病院行って

もう肛門科が恥ずかしいとかそんなの一切ない。

怖すぎて

待合室も緊張して座ってる。

いつもは座ってる時結構ケツ痛いけど、緊張という名の麻酔でそんなものはない。

「ボーゲンさーん。お入りくださーい」

入る。寝る。ズボン降ろす。(実際はなんか話があったが聞いてない。そんな余裕ない。)

「じゃあ3,2,1で行きますねー」

「さん、にぃ、プスッ

。。。

言ってることとちゃうしな

「にぃ」の「ぃ」いう前位にはもう刺さってたね、うん

確かに痛かった。でもね、思ったより一瞬

激痛の3秒後くらいには、もう感覚はなかった。

 

あとはカチャカチャやってもらうだけ。

「はい、終わりでーす」

意外とすんなり終わった。

 

「圧迫するためにちゃんと座っててください。」

ちゃんという事は聞いた。

 

しばらくすると先生のお話。

「後日内視鏡検査を受けてもらいます」

。。。え、なんて

この前受けた、めっちゃケツとお腹の中が痛いやつぅ~

 

と思いきや。次のやつはかなりガチのやつで。麻酔をするよう。

ふぅ

苦しそうだがその時の印象は、

「この前よりマシだろ」

前日にこれ飲んで、当日にこれ飲んでくださいねー。

って薬を渡された。

なんかでかいけど

 

(こっからちょっと説明)

まず内視鏡検査で本当にクローン病かどうか調べます。

前日の夕食は軽め。そして食後に小っちゃいボトルみたいなのに入った薬を水で割って飲みます。

次の日、朝食はなし。でっかい入れ物に入った粉薬を水に溶かす。(その入れ物の口から水をめっちゃ注ぎ入れてシェイク)

1リットルくらい飲む。(数回に分けて)

めっちゃ下痢する。

完全に水(色もほぼ透明)になったら終了。

(説明終わり)

要は検査前に体の中スッカラカンにして来いと

内視鏡検査は1か月くらい先。とりまケツがズキズキ痛み出したらロキソニン。

そんで意外と早く傷は閉じる。

 

 

前日、腹は減るが薬は別に不味くない。

明日の薬の為に早く起きんとだから早く寝よう。

(もう傷は閉じ、痛みは痔瘻によるものが若干)

 

当日、朝

緊張するけど、まず薬や。

まっずぅ

しつこすぎるスポーツドリンクみたいな味。なんやこれモビプレップ?(薬の名前)

これをコップ一杯15分くらいかけてゆっくり飲む。

時間空けてまたもう一杯(何分空けるか忘れた。すんまそんorz)

下痢沢山するのもつらいし、ケツ沢山拭いてケツ痛いし、マジでコレ不味い

コレを1リットルちょい飲んで、沢山下痢して、体の中はスッカラカンになった。

 

病院へ行くと予約してたからか、まぁ事がすぐに進んで行くこと。展開早すぎてビックリしたわ。

 

ほんで着替えさせられて、おばさんお姉さまのところへ。

「じゃあ浣腸するんで、下痢したら見せて下さい」

まだすんのかい

どうやら下痢が透明かチェックするらしい。

これ前回もやったけどまぁまぁ変な感じするよな。前はそれどころじゃなかったからそんな気にせんかったけども。

そんで下痢して見せて

「OKでーす」って

俺は一発合格だったけど、同じ時間にきてたじじいどもおじ様たちが結構不合格くらってる。

まぁアレ不味いもんな。わかるわー。お前らツラすぎてあんま飲まんと来ろ?ざまぁー

 

そしていよいよ内視鏡検査。

麻酔っていうか鎮静剤を打たれる。

検査はと言うと

ボーっとしてる間に終わってた

(因みに親父が以前受けた時は完全に寝てたらしい。)

鎮静剤の効果が切れるまで放置プレイ。

 

あーまだ午前中かーってな感じで先生が来てお話。

「クローン病ですね。クローン病を治療する病院を紹介します。」

まぁまぁ疲れてたけど親が

「まだ早いし、今から行くか」

疲れていたとはいえ、確かにそう何回も分けて行く必要はない。

今日はとことん疲れるかもしれんが、今日で一段落終わらせよ

紹介状をもって〇〇病院IBDセンターというところに

「あ、クローン病ですねー」

やっぱりか

「どういう病気なんですか?」

「正直病気の中では見つかったのが最近で。詳しいことは分からないんですよねー。身体の中主に小腸大腸から肛門に炎症を起こし、多くの場合痔瘻を引き起こすんですよ。実際痔瘻で見つかるケースが多いんです。日本では少ないんですけど、特に都会で増えていますねー。食の洋風化などが原因とも言われています。その辺もまだ詳しいところは分かってないんですよねー。今のところ完治は難しんですが、医療も進歩して、ちゃんと病気と向き合えば通常の生活も可能ですし、将来的な癌の可能性は少し上がるものの、普通の人と同じくらいの寿命と言われています。」

。。。

なんか色々分からないんすね。ほんでポジティブに締めたけどちょっと待て。

治んねーのかよ、おい、なんなんマジで。ちょっとやんわり言ったけど癌の確率若干上がってるしな、おい。

もーなんなん?マジで。病人やん俺。もー。

正直へこみましたね。

 

薬もらって、正直何個か貰いましたけど、何が何の薬か分かりません。とりあえず炎症を抑えるらしい。なんか効く部位が違うらしいけどそんなん知らん。(普通に考えれば小腸大腸。特に大腸。)ほんでまた粉水に溶かすやつかい。

錠剤もあったが、一番目に入ってきたのはエレンタールって粉のやつ。不味いからフレーバーがある。

こいつもチョビチョビ飲まなきゃいかんのだが、今回の理由は下痢しないようにとのこと。どういう仕組みか知らんし興味もねーが、がぶ飲みすると下痢するらしい。

まぁ早く飲み始めたに越した事ないんで、水買って飲んでみる。まぁフレーバーの甘ったるい感じはあるが不味くはない(美味くもねーけど)。

とりあえず言うこと聞いて薬はちゃんと飲もうって思った。

すると先生が

「もっと詳しく検査したいので、一度検査入院して欲しいのですが」

するよ。そりゃ。治んないとは言え、下痢ツラいし、お腹痛いし、ケツいてーもん。良くしてくれや。

 

検査入院で更に詳しく調べ上げ、治療法も考えていくって感じだが、これはまた今度話します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください